失敗は安全地帯がしっかりしていれば、怖くない

失敗は安全地帯がしっかりしていれば、怖くない

おはようございます。

いつもの事ですが、普段は忙しくてテレビを見ません。

ドラマや大河を食事の時に見るだけで

お笑いを見る機会がありません。

昨日、初めてブルゾンちえみさんの

お笑いを見ました。

しかもユーチューブで。

キャリアウーマンという設定の彼女のお話は

面白かったです。

今更ですがね。

私の周りにいるキャリアウーマンは

どちらかというと

両性具有的な

男っぽい人が多いです。

キャリアに夢中になっていて

結婚を忘れて

おしゃれを一切しないという人が多いです。

私はそれが嫌だったんで

女子っぽい格好を良くします。

逆に目立ってラッキーな時が、まあまああります。

私は仕事出来なさそうにも見えるので

(して無さそうにも見える)

中身が詰まってる様に見えるより

中身が空っぽだと言って回って

本当は中身が詰まってる方が

粋ってもの

だそうなんで

それでやってます。

自己研磨だけ熱心にやってて

見た目は馬鹿っぽい感じです。

それで困りませんので

それで仕事してます。

さてさて本題です。

まず行動しよう

と思うようになるには

安全地帯が必要なのです。

傷付いても直ぐに戻れる場所です。

子供が何かあると

ママーと言って戻ってくるのは

母親が

安全地帯だからです。

そこで

ほら泣かないで頑張りなさい

というのは

心理学的にいうと

子供の信頼を裏切る行為

になります。

ママは私には辛く当たる。私が嫌いなのだ

と思うらしいです。

なので、成長スピードが遅くなります。

発達に何か課題が出てくる様になります。

さて、一家の大黒柱が

何か問題に遭遇すると

安全地帯は何処でしょうか?

現代社

本当に自分の母親だ!

という人もいるのですが

母親が亡くなっている人は

奥さんか兄弟にその焦点を置きます。

その場合

奥さんが母性がなく

あんたがしっかりしなければ!

という様な人では

どんどん収入は落ちて行くでしょう。

心の安定が保たれないので

何かにチャレンジするというエネルギーが無くなるのです。

うちの代表は付き合った当初

何かにチャレンジして失敗する事は悪い事だ

と言ってました。

そこで何か小さな失敗をする度に私が

大きな経験値を積めてラッキーだったね

という様にしました。

今は従業員さんにも

取引先にすら言います。

そうするとうちの代表は

新しい事にチャレンジする事は面白くて失敗も経験を得られる

という風に考えるようになりました。

だから自ら進んで

新しい事にチャレンジしていきます。

人間の脳は昨日までの習慣をあまり変えたくないそうです。

だから

行動を変えるには

嫌だと思う事を

良いと思える方向

へ思考を変えなければいけません。

私の父は働きませんでした。

男が働かないというのは

一家はもれなく悲惨な状態になります。

だけどそれでも

父は働かない方が

子供が食事を食べれない事との天秤で

働くより子供が食べれない方がいいを選択してしまったのです。

IQが高くプライドが高い人程

働きにくい世の中です。

お酒が安全地帯だと思う人もいますし

ドラックに溺れる人もいるでしょう。

そんな時は安全地帯を探す事をお勧めします。

父は経営者になれば良かったのに

と良く思います。

だけど経営について

安く教えてくれる人がいなかった。

だから父の様な人がいなくなればいいと思って始めてる

経営にかんする文章を

書いて行こうと思います!

経営道、

大学では教えてくれないし

MBAでも

登記や税務の話でもない

経営者の考え方や動き方。

そんな事をまた

書いていきます!

皆さんの一日が素晴らしい日であります様にー