公務員の給料…

古代ローマの遺跡を掘り返してみても、何処にも官庁街の遺跡が見付からないと書かれていますね。その結果、税金も安かったです。本国(イタリア半島)は税金ゼロ、属州は取引税10%(父親が軍務に就いていると免除)という感じです。

わずか3千5百万人で国を守っていたので軍事費は安く、軍人はゼネコンをやっていた感じでした。無論国が衰退期になると、ゲルマン人対策などによる出費はあったでしょう。チンパン爺は視ていないのですが、女領主直虎なんていうドラマのタイトルを観ると、票田の手入れに忙しい政治家みたいだな…と思ってしまいます。

江戸時代の税金は4割、古代ローマは・・・? 古代の土地は肥沃だったので、化学肥料をドッサリ使った現代より収穫は多かったようですが…発想を変えないとねぇ〜。

■国家公務員の月給、631円引き上げを勧告 人事院

(朝日新聞デジタル - 08月08日 16:14)

広告を非表示にする