POINT OF DEPARTURE/ANDREW HILL

POINT OF DEPARTURE/ANDREW HILL ( BLUE NOTE4167 )

Kenny Dorham (tp)

Eric Dolphy (as,fl,bcl)

Joe Henderson (ts)

Andrew Hill (p)

Richard Davis (b)

Anthony Williams (ds)

1. Refuge ( Andrew Hill )

2. New Monastery ( Andrew Hill )

3. Spectrum ( Andrew Hill )

4. Flight 19 ( Andrew Hill )

5. Dedication ( Andrew Hill )

アルバムPOINT OF DEPARTURE試聴

ブルーノート・フリージャズのニュー・リーダー

 アンドリュー・ヒルは1931年のシカゴ生まれで13才からピアノを弾き始め、リズム&ブルース・バンドやチャーリー・パーカー、マイルス・デービスのバンドで演奏しました。その傍ら21才から独学で作曲法も学び、60年代からサイドマンとしてレコーディングに参加を始めましたが、1963年にはブルーノート・レーベルから初リーダー・アルバムのBlack Fireをリリースし、その後もブルーノートからは2006年迄に16枚のアルバムがリリースされました。このアルバムはその4枚目の作品で、当時フリージャズの旗頭であったエリック・ドルフィー をサイドマンに迎え、彼独特の叙情性のある美しいフリージャズを展開しております。どうぞ、ブルーノート中期以降に於けるフリージャズのニュー・リーダー、アンドリュー・ヒルの一枚、ポイント・オブ・デパーチュア(出発点)の美しい独特の世界をお聴きください。

アンドリュー・ヒル ( 英Wikipedia )

アンドリュー・ヒル ( allmusic )

アマゾン・ミュージック ANDREW HILL