音楽ネタその966: Chicago

日本ではもう明けて7月5日だけど、アメリカでは独立記念日に当たる、いわゆる4th of July. ガイシケイ企業で特に米国系に勤務するようになって割と長くなるんだけど、いわゆるアメリカの祝日に対する意識ってのが形成されたのが私の中ではつい最近だったりする(笑)。

例えば5月の最終月曜日にあるMemorial Dayなんて、3年くらい前まで全然意識していなかった。思えば3年くらい前に今の勤務先で米国出張になった折、全然それを意識せずにスケジュールを組んだところ、向こうに着いた日が正にその祝日で、お店が軒並み閉まっていて困ったことも(笑)。

というわけで、今宵の音楽ネタ。単に歌詞の中でそれが出てくるというだけで選んだアメリカの「人間国宝バンド」(笑)、Chicago. バンド名から想像されるサウンドとは異なり、ブルースの要素はあんまりなくて、ブラス・ロックの旗手として知られるバンド。結成が1967年とのことで、オリジナル・メンバーは全くいないけど、なんだかんだ今の今まで存続しているってのが驚異的だよね。

映像はSaturday in the Park. あえての歌詞つき。彼らを代表するヒット曲の一つ。ステキなアレンジだと思うし、いい曲だよね。