優駿スプリント

offt後楽園の馬券師のリクエストに応えて…

6/27大井ナイター2日目第11競争

第7回優駿スプリント(S2重賞)

3歳オープン(ダート外回り6F)…20:10発走

各馬の寸評を…

◎9サブノジュニア 57的場文

大井の外回りダート6Fばかりを走り、(5.2.2.1)の好成績!現在4連勝中で、3連続で上がり37秒台を連発。東京は梅雨空の中では明日の天候は微妙だが、重実績も(2.1.0.0)で特に死角無し。快速ハタノジュニアが出走取消となり、持ちタイムとしてはポットジーニーに次ぐ。別定57kgは厳しいが文男さんが出遅れなければ、恐らくは勝ち負けに。

▲5オーブスプリング 54真島

5ヶ月の休養から転入して、初戦は楽勝して叩き2戦目のこれは穴で相手に狙い撃ちしたい。明け3歳の伸びシロとしては、これは未だ期待は出来る。競り合いになれば、最終的には真島は大井の帝王を抜けまい。

△14ソッサスブレイ 57柏木

初日月曜日の柏木は、1勝して2着が3回で乗れている。東京ダービーに挑戦して6着に敗れたが、道営で(1.2.1.2)の6F実績だし道悪巧者。3着の筆頭候補としてはこれ。

4ポットジーニー 54瀧川

持ちタイムとしては、これが最速か。専門紙の日刊では、調教評価は第一位だった。54kgで走れるし、ヤネは個人的に期待している若手の瀧川。しかし、中央JRAからの転入初戦で、いきなり公営実績で勝ち負けってのも…余り情は良くないのでは?それが罷り通るなら、賞金目当てで続々と転入してしまう。中山の500万下ダート6Fで1.12.5の2着はあるが、同じ右回りでも中山と大井の砂は微妙な差があると思うよ。

3ハッピーブーケ 54山本聡

森泰斗が落馬負傷して松葉杖、残念ながら乗り替わりになったが、この岩手の山本聡は29歳にして1200勝騎手だ。船橋の岡林師がわざわざ呼び寄せた苦肉の策な訳だが、流石に森の代打では少し荷が重いような。森が負傷していなければ、恐らくは森→的場で勝負をしたかもしれないよ。瀧川に重賞を勝たせたいのは山々だが、たぶん3着が限界かな。

8キャッスルクラウン 56吉原

金沢の出稼ぎ屋・吉原も、流石に6F初経験で最後方からでは3着も無理!平場に吉原が乗っているようなら、そこで遠征の帳尻は合わせるかと。

ところで、初日の月曜日は1〜3枠で8勝していたように内枠競馬だった。ちなみに馬番としては2番が最多勝で3勝していた。対抗の○を引っ張るなら、1枠のどちらかが有力。

1アイアンハート 54中野

恐らくは、これが展開としてはハナを切りそうな予感。全成績で(2.8.0.2)と、相手なりに走る堅実さは特筆すべきである。調教評価としても、日刊によれば第三位に。トライアルでは文男さんの◎サブノジュニアに0.7秒差で敗れたが、中野が好調なだけに。現時点での前売りでは2番人気に支持されている。

2バンドオンザラン 57赤岡

専門紙の日刊では、実はこれが対抗の○に。高知の出稼ぎ赤岡も南関の重賞を勝ちたいだろうな。先日の川崎開催では赤岡は大暴れだった。もちろん川崎の内田師が身元引き受け厩舎なんだが、この馬も内田厩舎だけに恩人に恩返しをしたいところ。トライアルでは4着で目標はもちろんここだろうが、少し気になるのは…近走で37秒台の上がりが無い事。馬柱を見ても、逃一杯…逃一杯…先一杯…先一息で最後に突き抜けるイメージが乏しい。

12フライングショット 57本田正

問題はこれだな。馬主が吉田照哉の個人所有。天下の社台グループの南関部門での「御抱え騎手」の本田は、馬主を見れば狙い所か。ただし大井の勝ち鞍は7Fだし、ここは少し忙し過ぎるかも。トライアルでも2番人気で7着に。位置取りが中段から後ろになるが、近走で上がりは38秒を切れていない。

16ジュワラルム 56左海

この馬は、△ソッサスブレイと並んで道悪巧者だ。ちなみに明日の東京の降水確率は確か80%だったかな。ところが前述したように、月曜日の8枠は2着が1回のみ!柏木や森を乗せていたが、船橋の伊藤師は1度乗せて勝っている千葉県騎手会長の左海に依頼した。実は調教評価は第二位!現状では人気薄だけに3着の穴ヒモなら。

13マリスレーン 54矢野

現状ではこれも人気薄だが、ヤネは…腐っても矢野だよ!内枠傾向だけに展開は厳しいが、矢野は人気薄で強引にハナを切った時は非常に怖い。

他には浦和のシャヒーンは、瀧川から…リハビリから復帰した繁田に交代。これは流石に厳しそう。世界の藤井のリアルファイトも面白いが、その肝心の藤井が今一つ乗れていない感じ。川崎の山崎誠のハウマーナが前売りでは5番人気に支持されていた。大井では未知数だが、中野が抑えてこれがハナを切るようなら惑星候補かも。

今夜は11時半頃に帰宅したが、東京は雨がぱらついていたよ。明日の降雨量によっては、砂が内ラチに流れれば…この内枠傾向は一気に激変してインは伸びなくなる。それは平場を検証すればわかる事。尿路結石からの血尿から腎不全で入院までしていた真島が騎乗鞍を絞り混んで健闘している。重賞の高齢記録を更新中の文男さんを応援はするが、その相手には現時点では真島へのラインで検討中。当日はofft後楽園より、確定した印を更新予定。

ありゃりゃ、AM4時じゃんか!(* ̄∇ ̄*)

JRA予想では手抜きばかりするが、流石にofftの「先生」と呼ばれるからには…南関の関連ではしっかりと日記を更新して能書きは詳しく語るという…

お疲れ様!まっ…70秒勝負を楽しむがよい!( ^∀^)

広告を非表示にする